2006年06月26日

コンセプト

CarTimeは女性のためのカーライフマガジンです。

私たちの頭の中はこんな感じでした。

「クルマのある生活は最高だ」
「好きなときに好きな場所に行けるし」

…憧れのライフスタイルの中でクルマは外せない


「クルマを相棒のように乗りこなしている女の人は素敵だ」
「その人なりのセンスやこだわりが表現されていておもしろい」

…クルマは自分の分身ともいえる


「クルマは自分だけの空間にひたれる場所」
「そして時間に囚われず気の赴くまま行動できる」

…クルマは男性向けのモノとして見られることが多いけど
 女性の特性に合っているのでは?


「とはいえクルマは単なる移動手段として扱われていることも多い」
「洋服はオシャレなのにクルマにこだわっていない女の人も多い」
「自分に合っているクルマを選ぼうとしても情報がないのでは?」
「クルマ雑誌を見ても男性向けのメカニックな情報がほとんど」

…女性向けのクルマの情報が極端にすくない
 私たちの知りたい情報は載っていない


「おしゃれなカーグッズをほとんど見たことがない」
「小さいクルマばかりが“女性向け”とされているのはどうか」
「だから女性はクルマには興味を持たず、ファッションとか
 自分磨きとかいうものにしか投資しないのか」

…それはヤバいし、もったいない


「あるアンケートでは20代・30代女性の生きがいの第1位が
『買い物』だという結果が。流行の追っかけやキャリアアップばかりに
囚われてストレスがたまっているんじゃないか。
もっと余暇上手な女性でいる方がかっこよいのでは?」

…もはや話はクルマを超えて、女性の余暇のことにまで発展


「クルマは究極の自己実現ツール。女性との相性はバツグンにいい」
「クルマに興味を持つ女性が少ないのは、単に情報がないからでは」

「ないなら、つくろう。女性のためのカーライフマガジンを」
「クルマを軸にしたライフスタイルの充実。旅行、インテリア、
音楽、探索、女友達とのドライブ・・・。そんなDEEPな時間を届けたい」


そんなわけで女性のためのカーライフマガジン
「CarTime」が誕生しました

CarTimeはこれまで男性視点・メカマニア視点でしか
語られてこなかったクルマ&カーライフを、感性重視の
女性視点でリアルにお伝えするWEBマガジンです。

なので、「クルマのことはよく知らない」
「クルマを持ってない」という方でも大歓迎。

「なにかおもしろいことを見つけたい」「もっと満たされたい」。
そんなふうに変化や刺激を求めている方も大歓迎。

単なる移動ツールとしてクルマと付き合うのではなく、
めくるめくカーライフの世界を探求したい・・・という方、大歓迎です。


本サイトオープンを記念して、プレゼントキャンペーン実施中!
旅行券や革トランクなど、車でお出かけしたくなるプレゼントを
ご用意しています。


●主なコンテンツ(予定)

●編集ポリシー


●読者イメージ
・趣味や余暇の過ごし方へのこだわりを持つ女性
・表層的なトレンドに流されず、自らの審美眼を価値基準として行動する女性

ユーザー像の詳細はこちら

●運営会社とお問い合わせ先
posted by かーたいむ at 15:17| CarTimeとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

コーナー構成

2006年夏の本サイトオープンに向けて準備中の編集部。
読者の皆さんの投稿や、特派員(?!)のコラム等を中心に、以下のコーナー構成を予定しています。乞うご期待!

誌面づくりに参加したい方はこちらをどうぞ

●勝手に商品企画
ハズした女性商品が多い中、本当に求めるものを座談会で勝手に開発し
商品化してしまうコーナー。

→会員登録いただいた方にご参加いただく予定です。
 商品開発を体験してみたい方はプレサイトの投稿フォームへ!

●女・クルマ購入記
カーライフアドバイザーがその人に合ったクルマを趣味、ライフスタイル、ファッション等からアドバイスし、ディーラー同行の模様をレポートします。ついでに値引き交渉も・・?!

→車種セレクトおよび同行ご希望の方を大募集中です!
 ※首都圏在住の女性に限りらせていただきます

●クルマをつくるオンナたち
読者の声を届けるための「鍵」を握るオンナたち―。
クルマにまつわるさまざまな分野で活躍する女性たちにインタビューし、そこんとこ、どうなんですか?!」をズバリ聴いてしまうコーナーです。

→そのうちメーカー女性を集めた「覆面座談会」を敢行予定!

●my select
個性派女性やクリエイターが登場し、こだわりアイテム紹介の一環で
「こんなクルマに乗ってます、乗りたいです」を理由とともに披露。
男性ゲストが「こんなクルマに乗ってる女性がかっこいい」を語る
バージョンも。

→この人にきいてほしい!などのリクエストも随時受け付け中です!

●Car Plus
音楽、映画、旅行、グルメなどクルマに+アルファできるさまざまな分野を紹介。自分スタイルでのクルマ選び、ツール選びをサポートします。

●Car Photo
クルマの写真やイラスト作品を披露するコーナー。男性による女性とクルマの写真・イラスト作品とあわせて募集し、定期更新で掲載していきます。

我こそは!というフォトグラファーの皆さんからの
 ご応募もお待ちしています。


●Buzz By Car Lover
編集部イチオシのカーグッズ、ドライブスポットなどのクチコミ情報。
→読者投稿も大募集!

●Car Sharing Project
都心でマイカー維持が困難な女性のために、カーシェアリングを実現する夢のようなプロジェクト。

→ご協力くださる推進団体や関連企業様を大募集中です!
 
●新車情報“翻訳版”
女性視点でスペック等を解説。詳しい人へのインタビュー形式も。

●イベントレポート
・女性だらけのモータースポーツ観戦イベント
・女性オンリーのユーザーミーティング
・男性ユーザーイベントの直撃レポート
(あの謎めいた団体はいったい何をして何を楽しんでいるのか。)

→「編集部に取材してほしい」「告知協力してほしい」という主催者の皆さんからのご連絡もお待ちしています!
 
●各種お問い合わせ先はこちら:

・ライター&フォトグラファー参加希望
・イベント情報掲載希望
・その他お問い合わせ全般
posted by かーたいむ at 11:04| CarTimeとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

ポリシー

これまでのクルマ情報は、媒体が広告主の顔色を伺いすぎるあまり、
常にメーカー主導となっていて、私たち女性には表面的な情報ばかりが
届いていました。

例えば・・・

・女性誌などでよく見られる、現実味が感じられない「THE・タイアップ広告」
・いかにも“女性向け”要素満載のステレオタイプな「THE・女性向け自動車」

そんな毒にも薬にもならない情報はつまらないし役に立たない。
そこで、CarTimeでは、以下のような編集ポリシーを設けて
情報の質を高めていこうと考えています。


1.感性重視
こむずかしい理論やウンチクは他の媒体にお任せします。
CarTimeの主役は女性の皆さん。テーマとするのはクルマを軸にした
「余暇」や「ライフスタイル」の充実。従来のクルマ情報とは異なる、
自由でユニークな視点からクルマを見て語って楽しむ。

「CarTime」では、思わずクルマに乗って出かけたくなる、
ハンドルを握りたくなる・・・そんな躍動感のあるコンテンツ
づくりを目指します。


2.生の声重視
営業トークや遠まわしな説明やわかりづらい情報はもうたくさん。
CarTimeでは私たち編集部や読者の皆さんからの“生の情報”を
わかりやすい言葉でお伝えすることを心がけます。

また、CarTimeでは読者の皆さんのご意見を常に募集し、
ご紹介していきたいと思っています。


3.中立性重視
情報の中立性を保つために、自動車の広告は掲載しません
(自動車以外の商品・サービスの広告掲載は受け付けておりますが、
掲載基準に沿って編集部が厳しくチェックさせていただきます)。

また、編集記事においては私たち編集部が本当に良いと思った
情報だけを厳選してご提供します。


今までにない媒体を作り上げていきたいと思っています。
ご興味を持っていただけた方は、ぜひCarTime会員にも
ご参加いただけるとうれしいです。

CarTimeが、皆さんの「めくるめく魅惑のクルマワールド」へ
足を踏み入れるきっかけになることを願って・・・。

posted by かーたいむ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CarTimeとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。