2009年04月27日

ブログURL変更のお知らせ

編集部ブログのURLが新しくなりました。

新URL http://www.cartime.jp/cartimeblog/

ブックマークの変更など、よろしくお願いします。

こちらの旧ブログもそのまま残します。

引き続きよろしくお願いします!
posted by かーたいむ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

サービスエリアの取材、続々

ゴールデンウィークを控え、テレビや新聞から
「サービスエリア・パーキングエリア情報のオススメ情報」について
取材依頼が相次いでいます。

食べ物、お土産、スイーツ、設備など、
いろいろな切り口でオススメのSA/PAはどこか?という質問が中心。
過去に寄せられた声や取材経験をもとに推薦させていただきました。

高速1,000円祭り、帰省渋滞、行楽ドライブ…など、確かにSA/PAは旬のネタ。
ギャル曽根がSA/PAの人気メニューを大食いする特番やっていた影響もあるのかも?

…ということで、近々CarTimeでも記事をアップ予定です。
お楽しみに!
posted by かーたいむ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

生放送観戦はライブタイミングとともに…

F1☆Girls座談会でふみさんが「観戦に不可欠!」
と言っていた
ライブタイミング、皆さんは活用されていますか?

livetiming.jpg

各ドライバーの順位やタイム(ラップ&セクター)が
リアルタイムで表示され、
TVには映らない動きも把握できて楽しいです。

たとえば、急激にタイムが落ちたセクターがあると
「アクシデントか、ミスか!?」と推測できたり、
ドライバーのピットインタイミングも川井ちゃんより先に分かる…など。

また、数字だけでなく、コース上の状況もテキストで速報されるので
レースをより俯瞰的に眺めることができて、ちょっと嬉しい!
TVの生放送を自宅で楽しむ際はぜひ。

FIAのサイトで登録すると無料で見ることができます。
コチラ(英語)

posted by かーたいむ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

クルマエントリー世代の意識調査

日本自動車工業会の「2008年度乗用車市場動向調査」。
常々クライアントとお話していることが数字で裏づけされていて、
とても興味深かったです。


●縮まる男女差、負担感は大きく

エントリー世代の免許取得意向は以前の大学生と比べて変化はみられない。クルマの使い方をみると、親の車(共用車)を使う人が増え、家族と乗る機会が増えている。クルマの用途は男性が日常用途、女性が余暇用途の使用機会が増えており、結果、男女差が縮まっている。クルマ関心は、以前と変わらずあるものの、強い関心を持つ人は減っている。関心同様に、クルマへの購入意向は以前と変わらず高いものの、購入への強い気持ちが低下し、購入時期については慎重な姿勢がみられる。クルマの購入の壁としては、維持費など経済的負担感と免許取得など時間的・労力的負担感が大きい


●運転の楽しさの意識は変わらず

以前と比べると、男女とも購入・使用への負担感が上昇しているものの、男性では移動における自由度や走行の楽しさを以前と変わらず感じており。女性ではプライベートなコミュニケーションが楽しめる空間や、クルマによって自己表現できるというイメージが上昇している。エントリー世代にとってクルマは今も運転が楽しいものであり(男性ではやや減少、女性では増加)、公共交通機関にはない魅力が持たれている。


●エントリー世代のクルマ体験とボディタイプ選好

エントリー世代は幼い頃にミニバン、1BOXでのレジャー・アウトドア体験が多く、クルマに楽しい想い出を持っている。現在のボディタイプ選好はコンパクトタイプが好まれており、セダンやスポーツカーにおいても、ポジティブなイメージも持たれている。現在のクルマの使用状況だけでなく、幼い頃の乗車体験や体験を通じた想い出が、その後のクルマ関心やボディタイプの好みに影響することが確認された。


●クルマの顕示性・所有満足は弱まっている

エントリー世代において、クルマは、以前と変わらず生活を「便利」に「快適」にしてくれる財であり、他財では得られない独自なポジションを形成している。しかし、以前と比べると、クルマに対して、「自分をアピールできる」のような顕示性、「持っていることで満足感が得られる」のような所有満足のベネフィットが弱まっており、クルマは機能的なベネフィットが主で、心理的ベネフィットが弱くなる傾向がうかがえた。


●クルマ購入の阻害要因とニーズの広がり

エントリー世代のクルマの購入に対する強い気持ちが、以前の大学生と比べて低下しているのは、@「クルマに感じるベネフィットの薄れ」、A「地球環境への社会に対する負担意識の高まり」、B「コストや労力などの障害の高まり」の3つが原因と考えられる。ただ、クルマに関心を持つ層は半数にのぼり、決して低くはなく、クルマの新たな機能・性能に期待している。


---

自動車不況真っ只中ですが、
「女性×クルマ」のCarTime
「エントリードライバー×クルマ」のワクワクドライブ
いずれも活路を見出すお手伝いになるよう、この春も頑張ります。


posted by かーたいむ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

早くも観戦疲れ

開幕から2戦、まさにブラウン一色の結果になりましたね。
パドックを歩く道端ジェシカの姿にも段々慣れてきました。

こちらに登場しているバトンファンのReikoさんからは、
開幕予選終了後すぐに
「いままでのチームの苦労を自分のことのように感じ
思わず泣いてしまいました」との感極まりメールが。
その気持ち、わかります…!

一方、マレーシアGPでは
ギャンブルを大外ししてしまったキミ・ライコネン。
早々にマシンを降りアイスを食べる姿は、
クルーザー@モナコのように語り継がれそう…

あのタイヤ選択に関しては、CS解説の森脇さんも声を荒げて
怒りをあらわにしていましたが、
あの選択肢があり得るほど、トップ勢とのマシン差は大きいのですね。

→F1★Girlsブログ掲載のゆかりんさんが、
ブログで詳細レポートしてくれています


ハミルトンの一件や、イイ線いってたベッテルの連続リタイアなど
色々あった話題がどれもかすむような、大荒れの2戦。
まるでトランプの「大富豪」で「革命」が起こったかのようでした。

でもシーズンはまだまだこれから!
次は季節を春に移した、中国GP。
さて、一体何が起こるのやら…?!

※※「F1★Girls」オープン記念!※※
ルノーキーホルダー、ベッテル&ブルデー サイン入りレッドブルが当たるプレゼント企画実施中です。
激レア・オリジナルF1イラストの壁紙&待受ダウンロードはコチラから!

posted by かーたいむ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。